リベラージュ藤沢

DESIGN

外観完成予想図

伸びやかでありながら
重厚感のあるフォルム

伸びやかな縦ラインの
プロポーションを大切にしながら、
バルコニーの水平ラインを
強調することで建物の安定感を創出。
さらに、基壇部に重厚感のある石調
大判タイルを選定。
格調高いレジデンスとしての
存在感と深いやすらぎを醸し出します。

1フロア2邸、全戸角住戸。
開放感とプライバシーを両立させた外観デザイン

バルコニー手摺は、道路からの見上げに配慮した横ルーバーと
室内への採光に優れたガラスを組み合わせてデザイン。
バルコニーの戸境躯体壁は、外観デザイン上のアクセントであると同時に
隣戸間のプライバシーを高めています。

※万が一の際のために避難用隔て板を設けています。2、3階のみ、全て隔板で仕切っています。

建物デザイン監修
株式会社 アートプランニング
代表取締役・一級建築士

Kobayashi Akira小林明

1990年アートプランニング設立。
バランスのとれた空間と緑豊かな外構、
個性ある室内プランで発注者のニーズに応え、
分譲・賃貸マンションを中心に首都圏に
100棟以上の実績を誇る。

エントランスへ優しく誘う、
柔らかな曲線と緑のアプローチ

柔らかな曲線を設え、
住まう人、訪れる人を優しく迎え入れるエントランス。
結晶の輝きが美しい天然石クオーツの壁や温かみのある木調縦格子、
柔らかな空間を演出する照明と植栽により、
静謐な私邸へと心地良く誘います。

邸宅の美意識。
こだわりの視点が息づく
洗練されたマテリアル

建物完成予想図

住宅地と繋がる潤いある
風景を求めて

閑静な住宅地が始まる、
その顔としての美しい景観を創るため、
敷地内に様々な植栽を配置しています。
エントランスホールに一歩踏み入れると、
ロックガーデンや樹木が織り成す風景を臨める、
穏やかで開放的な空間が広がります。

敷地配置図イメージイラスト
四季折々の景観を生み出す様々な植栽
  • イロハモミジ
  • クリスマスローズ
  • シラカシ
  • コットンラベンダー
  • ソヨゴ
  • トキワマンサク
  • ヤマアジサイ
  • ヤマボウシ

〈インテリアカラー〉
カラーコンセプト
Breeze White(ブリーズホワイト)
自然体で、自分らしく暮らせるように。

木目の優しい、明るめのホワイトエルム柄を建具にセレクト。
フローリングには落ち着いた木目と色あいのアッシュ柄を組み合わせ、
トレンドのグレイッシュカラーを採用することで、
日々穏やかに自然体で暮らせるカラーリングにしています。

インテリアカラー・モデルルームコーディネーター
コスモスモア提携デザイナー

Kato Chizuru加藤千鶴

外資系航空会社勤務を経てインテリアデザイナーに。
世界各国で磨かれた感性で、心動かされる空間を構成。

外資系航空会社勤務を経てインテリアデザイナーに。
世界各国で磨かれた感性で、心動かされる空間を構成。